ブラジル研修レポート (ブラジル日本交流協会 07期研修生)

サンパウロで感じたこと・考えたこと・気がついたこと。
ブラジルでの研修。そして研修終了後の私。
<< 続・酔っぱらい | main | ある日の日記から(6月・その1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
主役交代
もう酔っぱらいの話は書くのをやめようと思ったんですが、
またおもしろい人に出会ってしまったので…。

先週土曜のChico Césarのライブ。
この日はNordeste(北東部)の音楽Frevo、Forróを中心に演奏。
アンコールが終わって、それらの音楽を生んだNordesteに敬意を表し、
「ありがとう、セアラー。ありがとう、ペルナンブーコーーー」
(ほかにも場所(州)の名前をいくつか言ったと思いますが、忘れました)。

そして最後に「ありがとう、サンパウローーー」。
これで美しく終わるはずでした。

したら、このタイミングで酔っぱらいが。

「どうしてアマゾンは言わないんだぁーーーっ」。

ええぇーーーっ!?

でもChico Césarさん、
「それはだねー……」、まともに答えてる。
とってもイイ人みたいです。

彼が話してるってのに、勝手に演説を始める酔っぱらいのオヤジ。
何をしゃべっているのかよく分からず、一緒にいた友達に聞くと
アマゾンがブラジルにとっていかに重要かを説明しているらしい。
まぁ気持ちは分かるけどさぁ…。

最初はみんなクスクス笑っていたけど、一向に終わりそうにない話にウンザリ。
あれだけ盛り上がったライブでの熱気もいつのまにか消えてしまって、
Chico Césarも逃げるようにいなくなってしまった(笑)。
楽しいひとときを台無しにされて、怒っていた人も。
ワケが分からないまま、モチャモチャっと終わってしまったライブ。

「なんで、みんなアメリカとかアルゼンチンに行きやがんだぁー」。
それはね、今が“ドル安・レアル高”だからですよ。
(↑ この前、レポートで勉強した)

酔っぱらいが主役になれる国。
すごい国です、ブラジルって。


とまぁ、ここまではよかったのですが…。

「こりゃ、弱っちまったなぁ……」。

| ycuio | 印象に残った出来事 | 06:57 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:57 | - | - | -









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ