ブラジル研修レポート (ブラジル日本交流協会 07期研修生)

サンパウロで感じたこと・考えたこと・気がついたこと。
ブラジルでの研修。そして研修終了後の私。
<< ある日の日記から(1月・2月) | main | ある日の日記から(3月) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
なぜ窓側の座席は人気なのか?
大学へ行くバスはlotação と呼ばれる小型バス。
バスターミナルでは、窓側の席に座るために
バスを何本も見送っている人が多いです。

大学からの帰りのバス、
通路側の席に座っていると
途中で、荷物をたくさん持った
大学生らしき女の子が乗ってきて
私のすぐ横に立ちました。
バスの中はすし詰め状態。超満員。

左手にはバックのほかに紙袋、
右手にはノートを持って
携帯で話している彼女。
ノートと紙袋は私の体のすぐ横に。

(近いなーー)

イラッとくるのを抑えて、まずは
「荷物持とうか?」とジェスチャー。

ブラジルでは、バスや地下鉄では
特にお年寄りというんでなくても、
荷物をいっぱい持って立っている人に
座っている人が「荷物を持とうか」
と言ってあげることがあって、
特にバスでは多いです。
(全然知らない人に荷物を持ってもらう、
全然知らない人の荷物を持つ、というのは
今まで自分の感覚としてなかったので、
これはブラジルに来て驚いたことの一つ)

なので、自分もそれに倣って「持とうか?」と。
「ううん、大丈夫」。

その後も紙袋とノートの攻撃は続く。
バスが揺れるたび、
彼女の持つぶ厚いノートの角が
いちいち顔にあたる。
そのうち、紙袋までぐいぐい体に
押し付けてくる。
何が入っているのか、かたくて痛い。
だけど彼女は話に夢中で
全く気づいていない。

(最初に声もかけたことだし、
いい加減もういいよね!)

どうにも我慢できなくなり、
迷惑そうな苦〜い顔をして
ノートを手で払いのけ。
Por favor...

それでようやく彼女は気づいて
Desculpeを言いました。

窓側の席はなぜあんなにも人気なのか?
やっとそのワケが分かりました。
| ycuio | 印象に残った出来事 | 08:50 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:50 | - | - | -









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ