ブラジル研修レポート (ブラジル日本交流協会 07期研修生)

サンパウロで感じたこと・考えたこと・気がついたこと。
ブラジルでの研修。そして研修終了後の私。
<< おちゃめなブラジル | main | ある日の日記から(1月・2月) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
大学の卒業式
もう2ヶ月も前の話になりますが、
前学期一緒だったクラスの仲間が卒業するということで、
卒業式に行ってきました。

日本では式典モノは厳かな雰囲気で
静かに執り行われるという感じですが、
ブラジルは違う。

ここに式の様子をメモした紙があります。

・父兄お菓子を食べている→クズが床に落ちる
・テンション高い
・いすグチャグチャ
・ホーンを鳴らす
・うるさい(父兄のほうが)
・風船割る
・学生の式辞は話したいだけ話す→長い
・卒業証書の授与に時間がかかり、みんな飽きている
・自分の子供の証書授与が終わったらさっさと帰る
・(日本)いろいろ挨拶があるので長い
(ブラジル)ダラダラやるので長い


こんな調子です……。
想像つきますかね?

息子の証書授与のときに、
笛を吹いてサンバを踊った母もいました。
よっぽど嬉しかったんでしょう(笑)
(写真を撮りたかったのですが、残念ながら
プロのカメラマンがいたために撮影禁止)

まぁそんな感じで、
ブラジルらしいと言えばらしい、
あまり秩序のない卒業式ではあったのですが、
家族や親戚、ファミリー総出で卒業を祝う――
会場はそんな喜びにあふれていました。

この国では、昼間は働いて夜大学に通う学生も多く、
夜間に開講している大学も数多くあります。
そうした学生の中には決して
裕福な暮らしではない人たちもいて、
今よりもより良い条件の仕事に就くために、
また、より専門的な仕事をするために
大学で勉強している人がたくさんいます。
アルバイトに明け暮れて全然勉強しなかった
(する気もなかった)自分の学生時代。
彼らを見て、あの頃もっと勉強しておけばよかったなぁと
30代の今になって思います。

彼らやその家族が喜ぶ様子を見て、
これからはなかなか会えなくなるんだなぁと
少しさびしくなったりもしましたが、
同時に、自分も頑張らなくっちゃと
とてもいい刺激になりました。

体育学科の学生たち。みんなとっても嬉しそう。


大好きなRaquel, Rodrigoと。


右から4番目がLuiz Fernando先生。

| ycuio | 印象に残った出来事 | 06:57 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:57 | - | - | -









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ