ブラジル研修レポート (ブラジル日本交流協会 07期研修生)

サンパウロで感じたこと・考えたこと・気がついたこと。
ブラジルでの研修。そして研修終了後の私。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
帰国前から現在までのこと
ちょっと前の、自分が研修生だった時のことや
帰国前のことを思い返しています。

研修生としてのシメとなる
自分の帰国前発表はヒドいものでした。
「あぁ、“目もあてられない”って、
まさにこういう状況を言うんだなぁ」という感じ。

そんなのは、うまく表現できなかった自分のせい。
自業自得とは分かっていながらも、
取り返しがつかないんだなと思ったら
やりきれない気持ちでいっぱいで、
心にぽっかり穴が開いたようでした。

研修先での研修に、
大学の聴講に、
ポルトガル語の勉強に、
ライブに行ってブラジル音楽に触れて、
Forróのダンスを習って…。
興味のあることはなんでも試して、
後で悔いが残らないように
全力でぶつかって
毎日精一杯やってきた。

でも…。

私は何か形になるものを残したんだろうか――。

自分自身に自信がなくなって、
これまで自分がやってきたこと、
研修していた1年5ヶ月間すべてが
間違っていたような、そんな気さえしました。

でも一方で、
「そんなふうに感じることはない」
「私はやれるだけやったじゃないか」
心のどこかで思っていた。

日本へは、そんな迷いや後ろ向きな思いを
断ち切って帰りたかった。
発表が終わって、今の自分には
これまでのことをゆっくり振り返る時間が
必要なのだと思いました。

帰国前の1か月の休暇で、
これまで知り合った友達と一緒に
ゆっくり時間を過ごして
多くのことを語りました。
忙しくしていた時間から自分を解放して
今までの自分の感情を吐き出したら、
結論は出なかったけど
何かがふっきれた。
そうやって、日本に帰りました。

成田空港では、運営委員の方が
出迎えとメッセージの両方で
私を待っていてくれました。
ブラジルでの数多くの出来事がよみがえり、
自分の研修が本当にたくさんの方の支えで
成り立っていたことに再び気づきました。
涙が止まりませんでした。

その後、事後研修として
ブラジル日本交流協会(ブラニチ)の活動に
少しずつながら参加し、
現在に至っています。
| ycuio | 帰国して… | 12:31 | comments(0) | - | -
事後研修
帰国後、09期候補生の事前合宿に参加し、
自分にとっては事後研修がスタートしました。

私の場合、ブラジルに行く前には
事前研修がなかったせいか、
参加していて初めて知るようなこともあって、
戸惑いを感じることも正直あります。
でも、少しずつ交流協会の活動に参加する中で、
自分自身のこと、やっていた研修のことなど
ふとした時に気づく 多くのことがあります。
後輩から教えてもらうこともありました。

また、これまでの失敗や反省も含めて、
自分が伝えられることがある。

「ブラジルでの研修は、自分にとって何だったのか?」
を考えるいい時間になっています。
そして今、それが徐々に消化されていっているように
思います。
| ycuio | 帰国して… | 06:07 | comments(0) | - | -
自分に何ができるか

年末年始、実家のある名古屋と浜松に帰りました。
レストランやスーパー、CDショップなどなど
ブラジル人が集まるお店へ行くのが毎年の楽しみ。
でも今年は、この不況のあおりで、
ブラジル人のお客さんの姿が
かなり少なかったように思いました。

1月中旬には、雇用・教育の改善を訴える
日系ブラジル人のデモ行進に参加。
偶然、ブラジル人の知り合いに久しぶりに再会して、
話をしながらしばらく行進しました。

「移民百周年をお祝いした次の年に
こんな大変なことが起こってしまうなんてね…。」

その知り合いは続けて、

「僕らブラジル人は、今こうやって
この『銀座』をデモ行進しているんだよ!!
銀座は買い物をする場所なのに、
買い物もせずに、ね。
今の状況はとても厳しいけれど、
これはすごく意味があることだ。
そう思わない?」と。

私の感じ方はちょっと違うものだった。

ブラジルで少しの間 生活して
ブラジルの人のことも少しは知って
言葉も少しは覚えて帰ってきたのに、
自分は今の状況を
ただただ遠くから眺めているだけで、
何もすることができない。
自分に何ができるのかすら分からない。

何もせず、ただしゃべって
歩いているだけの自分が
もどかしかったし、腹立たしかった。

あと、何年かしたら、
ブラジルのために
ブラジルの人のために
自分は何ができるようになっているんだろうか…。

そんなことを考えた一日でした。

| ycuio | 帰国して… | 03:58 | comments(2) | - | -
帰国後のプレゼント

帰国してすぐ、日系ブラジル人の友達に会いに
群馬県の大泉へ遊びに行きました。

レストランでブラジル料理を食べて、
耳に飛び込んでくるポルトガル語を聴いて、
「ちょっと前まではこういうのが日常だったんだなぁ」と
懐かしく研修のことを思い出していました。

夜、コーヒーを飲みに入ったパン屋で。
お店のご主人に挨拶したあと、みんなでおしゃべり。
「サンパウロに住んでて、最近日本に帰ってきたんだよー!」
「ブラジル大好きだよ!」といろいろ話すと、

「今はどこに住んでるの?」

「東京」と答えると、
「ちょっと待ってて」。

奥から持ってきてくれたのは、
Maria Ritaの東京公演のチケット。

「僕は行けなくて、余ってるからあげるよ」。

!!!!!

なんとチケット2枚、タダで頂けちゃいました。

何だかとてもブラジルっぽいサプライズ。
帰りの電車の中でこの出来事を思い返したら、
ブラジルでのたくさんの思い出がよみがえってきて
ちょっぴり涙が出ました。

| ycuio | 帰国して… | 04:07 | comments(0) | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ